https://bilanx-harikyu.com/

MENU

あなたの膝痛が良くならない原因とは?

2018年1月24日

あなたの膝痛が良くならない原因とは?

 

もしもあなたが、膝痛でお悩みでその辛さを解決させようとどこかで診てもらってはいるけど、なかなか思うように良くならない。。。と感じていらっしゃるようでしたら、ここでお伝えすることは信じ難いかもしれません。しかし、残念なことに今からお伝えすることはノンフィクションです。心の準備はよろしいでしょうか?

 

間違いだらけの膝痛治療

その1、筋肉が落ちている

普段の生活習慣の中で、運動をあまりしない傾向にある場合に、この言葉を言われたら多くの方は”そうなのかな・・・。”と妙に納得してしまうのではないでしょうか。しかし考えてみてください。生活習慣の中で運動することがあまりない人が、もれなく膝痛に悩んでいるでしょうか。年齢を重ねるごとに活動量が減ることから、比較すれば筋肉(筋力)が落ちることは間違いないですが、みんながみんな膝が痛くなるわけではないです。

 

筋肉が落ちることでいうならば、運動習慣がない方はそもそもの筋肉量が多いとは考えにくいので、落ち幅は少ないくらいで、かえって運動経験ある方がパタッと辞めてしまうケースの方が変化の幅が大きい分、膝痛を引き起こすかもしれませんよね。

 

つまり、あなたの膝痛の原因が筋肉が落ちたことによるものなかを判断するには、それ相応の評価のもと、判断しなければなりません。加齢とか運動不足とかでそれっぽく筋肉が落ちたことのせいにするのは間違っていますのでご注意ください。

 

その2、軟骨がすり減っている

レントゲンなどを撮っていただて、関節に異常がないかを診たときに、多くの方がこれを言われるのではないでしょうか。先ほどの筋肉の話と近いものがありますが軟骨がすり減っていても、痛くない方はたくさんいらっしゃいます。何より、そもそも軟骨という組織は消耗品なので使えば減るんです。なのですり減ってること自体は何てことない普通のことなんです。じゃあすり減ったものは仕方ないから諦めるしかないのか。。。と言われれば、そんなことはありません。

 

もしすり減った軟骨が原因で痛みを起こしていたとしても、”痛みの原因になる程の磨耗が起こっていること”ここが本当の原因になります。体の使い方だったり生活習慣の中での繰りかえす動作からくる体のアンバランス、この辺りを診ていけば膝にかかる負荷を変えられます。

 

軟骨がすり減るのは、結局のところ膝痛の原因にはならないのでご注意ください。

 

その3、変形している

特に女性に多く診られるにが変形性の膝関節症。女性に多い理由としては、閉経に伴うホルモンバランスによるものと言われています。やはりここでも同じことが言えますが、女性全員が変形性の関節症に悩まされるわけではないですよね。変形がすでに進行していて炎症がガンガン起きている場合(腫れっぽく、膝に熱を持っているような状況)は、変形自体が痛みを引き起こすのでそれに対する処置が優先ですが、そうでない場合は何かしら膝に対してかかって欲しくない負荷がかかってしまっているんです。

 

もしあなたが、変形性の関節症と診断を受けて”変形だからしょうがない、痛み止めの注射するか手術しかない”と言われて絶望に打ちひしがれて、でもできれば手術はしたくない!とお考えで、原因に対してのアプローチをお試しでいないのであれば、今すぐ相談してみることをお勧めします。

 

その4、太っている

誰が決めたか、太っている=膝痛、というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。確かに体が重ければ負荷は多くかかるでしょう。しかしここで問題なのが”どこまで太ったら体重の影響?”というところです。メタボのようにおおよその基準もないわけですから、痛みの原因が太っていることなのかどうかは正直なところ本人の気持ち次第です。

 

もしあなたが、体重のせいで膝が痛いんだ・・・と誰かにすり込まれているのならば、本当の原因を見損ねているかもしれません、ご注意ください。

 

あなたの膝痛の解決させる唯一の方法とは?

あなたは今までにも膝痛のお悩みを解決させようと”ひざにいい”と言われるありとあらゆる手段を試されてきたのではないでしょうか。マッサージ・整体・鍼灸・温熱・ストレッチ・アキュスコープ・電気治療・筋トレ・・・・その数は両手では収まりきらないほどかもしれません。しかし今このブログをご覧いただいているということは、思うような結果を得られていないでしょう。なんで私だけこんなに悩まされなければいけないんだ。。。と辛い思いもなさっていることと思います。そんなあなたに、膝痛を解決する唯一の方法をお伝えします。

 

それは、手段を選ぶことより、どうして膝が痛いのか、という本質のところにフォーカスを当てて診ていく方法です。

 

手段にフォーカスしていると何が問題かというと、手段が主役になってしまうことです。膝が痛くて困っているのはあなた自身であって、この場合の主役はあなたでなければありません。あの有名人が使っている・・・とか、テレビで宣伝している・・・とかそんなことはどうでもよくて、どうしてあなたは膝が痛いのか?ここから目をそらしてはいけないのです。



まとめ

お辛い状況が続くことで、何でもいいから膝痛を何とかしてほしい・・・と良くしてくれる手段を探してしまう傾向にあります。もしあなたもこのような状況でしたら、少し落ち着いてください。落ち着いて、どうして膝が痛いのか?ここにフォーカスを当ててください。諦めなければ必ず原因が見えてきます。原因がわかればあとは解決の道を進むだけですよ。

 

原因にフォーカス出来る治療院をお探しならこちら

 

 


i-camp.png

ビランクス鍼灸治療院
腰痛
膝痛
坐骨神経痛
ヘルニア
肩こり
スタッフブログ
ご予約・お問い合わせはこちらから
045-594-9633

月〜金曜日 10:00〜21:00
土曜日 9:30〜19:00
休日日曜祝日、不定休

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2−5−22
エクセレントプラザ新横浜702

新横浜駅徒歩5分
駐車場 専用なし、
コインパーキング有り

詳しい道のりはこちら

© 2018 新横浜の鍼灸整体ならビランクス鍼灸治療院 All rights reserved.